アルミニウムの大量機械加工

超硬ソリッド製の刃先交換式インサートを備えた新しいミーリングカッター

マパールは、アルミニウムの大量ミーリング加工用の 2 つの新製品を発売し、航空宇宙産業向けのポートフォリオを拡大します。 超硬ソリッドの 2 つのミーリングカッターシリーズは、刃先交換式インサートを備えており、高性能機械での使用に特に適しています。
Das Bild zeigt drei unterschiedliche Fräser für die Hochvolumenbearbeitung von Aluminium.
  マパールはOptiMill-Alu-Wave と NeoMill-Alu-QBig と共に、EMO 2023 でアルミニウム材料の大量機械加工向けの製品の全範囲を展示します。 ©MAPAL

OptiMill®-Alu-Wave

毎分20 l 以上の大量加工

Solid carbide milling cutter OptiMill-Alu-Wave as a side and front view

アルミニウム材料用の新しい超硬ソリッド荒削りエンドミル Opti-Mill-Alu-Wave は、市場で最速の機械の性能を最大限に活かし、毎分最大 21 リットルの切削加工速度を達成します。

アルミニウム材料用の新しい超硬ソリッド荒削りエンドミル Opti-Mill-Alu-Wave は、市場で最速の機械の性能を最大限に活かし、毎分最大 21 リットルの切削加工速度を達成します。

直径は12~25mmで、突き出しの長さは短、中、長を用意しています。 さらにバリエーションを設定できるため、輪郭に近い荒加工もサポート可能です。

NeoMill®-Alu-QBig

低い切削抵抗と高品質の表面仕上げによる素早い切削加工

The new indexable insert cutters NeoMill-Alu- QBig

新しい刃先交換式インサートカッター NeoMill-Alu-QBig は、より大きな直径に対応する非常に経済的なソリューションです。 毎分最大 18 リットルの切削加工速度で最大限の効率を実現します。 超強力ボルトとファインバランスシステムのおかげで、このツールは最大 35,000 rpm のスピンドル速度を誇ります。 低い切削抵抗と高精度の刃先交換式チップの組み合わせにより、高品位な仕上げ面が得られます。さらに 内部冷却と非常に大きなチップスペースにより、最適な熱放散とチップ除去が保証されます。

用途に応じて、コーティングなしのインサート、PVD コーティングされた刃先交換式インサート、CVD ダイヤモンド刃先交換式インサートのミーリングカッターをお選びいただけます。

ツールボディは、中空シャンクテーパー (HSK) またはシャンクテーパー (SK) 用に 32 ~ 80 mm の直径範囲で利用できるほか、取り付けツールのバリエーションも用意されています。


担当連絡先


Further solutions and innovations 2024