完璧な相互作用

新しい工具材質に対応したリーマを迅速に提供

undefined

マパールは、高合金鋼、ステンレス鋼、鋳鋼、焼入れ鋼のリーマ加工およびファインボーリング加工用に2つの新しい工具材質HP016とHP018を紹介します。 

HP016はやや断続的な切削を伴うすべての加工に、HP018は連続的な切削に適した工具材質です。いずれも、コバルト含有量の少ない2種類の超硬合金グレードにシリコンをドープしたPVDコーティングを施したもので、極めて高い耐摩耗性と高い寸法安定性を示しています。

PVDコーティングの微細な結晶構造は、高硬度と高靭性を兼ね備えています。工具材質は熱的に非常に安定しており、高い耐熱性とコーティングの密着性に優れています。通し穴や軸受内径面に最適な表面を形成するために、PVDコーティングをミクロン単位で成膜しています。これにより、刃先の鋭さを保つことができます。

この新しい工具材質は、マパールのMNシリーズのリーマなどに採用されて、市場に投入される予定です。これらのツールは非常に高い精度を誇り、新しい工具材質により、硬いリーマやステンレス鋼のリーマにも最適に使用できるようになりました。用途に応じて超硬、サーメット、PCDで作られた切れ刃と反対側にあるガイドパッドにより、マパールの原理に従って機能します。

MNリーマ – 10営業日以内に発送可能

設計、生産、物流の最適化により、マパールはカスタマイズしてして設計した超硬およびサーメット仕様のリーマを10営業日以内に供給します。

担当連絡先

undefined

Contact person

Thomas Teuber Product- and Applicationmanagement Fineboring thomas.teuber@mapal.com +4973615853239