社会的責任

機械加工におけるサステナビリティ

責任を持って資源を使用・活用し、環境を保護し、CO2排出量を可能な限り抑えることに、マパールは常に取り組んできました。 そのためサステナビリティの概念は、あらゆる製品や各部門で重要な役割を担っています。 
undefined

ハイドロチャック UNIQ – より長くクランプし、エネルギー消費をより少なくする
ハイドロチャックUNIQにより、マパールは従来のシュリンキングチャックに代わる、よりサステナブルな選択肢を提供します。UNIQの干渉除け輪郭は、DINで指定されたものと全く同じです。同時に、収縮による素材の疲労がないため、10倍以上の長寿命を実現します。ハイドロチャックでは、エネルギー消費量が大幅に削減され、エネルギー多消費型の収縮工程が不要になります。

undefined

MQL技術 – 省エネルギーと環境保護
最小量潤滑(MQL)は、工作機械のエネルギー効率に関して特に重要な項目です。-これは、冷却液(クーラント)に必要な高圧ポンプが多くのエネルギーを消費するためです。また、クーラントの廃棄や再利用の必要がありません。そのため、MQL技術は環境を保護し、よりクリーンな作業スペースを約束します。マパールは、MQL技術で使用するための包括的なツールのポートフォリオを提供しています。

undefined

コンビネーションツール – 生産時間・非生産時間の短縮
コンビネーションツールは、必要なエネルギーの削減に特に効果的であり、その結果、持続可能性が特に高くなります。マパールは工程設計の際に、できるだけ多くの加工を1つのツールで行うようにしています。これにより、工具交換や移動経路の短縮、すなわち非生産時間の短縮が可能となり、その結果エネルギーも節約できます。様々な穴あけ加工、面取り、面接触の同時加工により、トータルの生産時間を短縮します。また、個々の工具に比べ、使用する材料が大幅に少なくなります。

undefined

ヘッド交換式システムと交換可能な切削インサート –  資源を最大限に活用する
資源の有効活用の代表例として、交換可能なヘッドシステムがあります。例えばTTD-Tritan-Drill等のツールでは、コスト高なカーバイドはツールヘッドに限定されます。
寿命を迎えてもツール全てを交換する必要はなく、ヘッドだけを交換することになります。交換可能な切削インサートでは、資源も最適な形で利用することができます。刃先が摩耗した場合、インサートを回転または旋削して、再度使用することができます。

undefined

ツール再生 –  大幅に延長した寿命で 100%のパフォーマンス
PCDツール、ソリッドカーバイドツール、交換可能な切削インサート付きツールもしくはISOツールに共通するのは、再生が可能なことです。特に、再研磨、刃先交換、新コーティングにより、ツールの性能を100%回復させることができます。これにより工具の寿命は何倍にも延び、重要な資源の使用量も大幅に削減されます。